個別記事の管理2015-01-10 (Sat)

毎年思ってるんですがお正月のお飾りや鏡餅って
飾る日は12月28日または30日だと知っているんですが
片付ける日がよく分かりません。 

鏡餅はチラシで「鏡開きは11日です」って書かれているので
その日に片付ければいいんだと思うんですが
昨日、 から帰ってきたら
なぜか鏡餅が片付けられていたんですよ。
まだ9日だというのに・・・
しかもなぜ9日  
9日なんて「苦」で縁起悪いし・・・ 

毎年、鏡開きの日に片付けているので母に聞いたら
プール仲間の人に聞いたら8日に片付けて
11日にそのお餅を食べるんだよと言われたらしく
だから慌てて片付けたらしいです。 え~

なにも9日に片付けることじゃないじゃない。 
カレンダーを見たら大安だったから良かったものの・・・

でも、私は鏡餅は鏡開きの日に片付けるんじゃないの って
思ってるので調べてみました。

片付ける日にちは地域によって違うようですが
関東地方では、正月飾りは7日まで
鏡餅は11日までと書かれてました。

でも、この地域によってというのが厄介ですね。
15日までのところもあるようでそこが混乱の元なんですよ。

自室に飾ってあるお飾りは以前、細木数子さんの番組で
15日まで飾っておいていいと聞いたので
私はいつもその日に片付けています。


そもそも鏡開きって何だろう

鏡開きとは、お供え餅をおろす日なのですか?
それともぜんざいにして食べる日なのですか?

お正月は年神様をお迎えする行事であり、
その年神様へのお供え物が鏡餅ですから、
年神様がいらっしゃる間は食べてはいけません。

年神様がいらっしゃる間を松の内といいますが
(1月7日まで。関西などでは15日まで。)
松の内が明けた11日に鏡開きをするのはそのためです。
(松の内を15日とする地方では、
鏡開きを15日または20日に行う場合が多い)

鏡餅は単なるお供え物というよりも、
年神様が宿るところだと考えられているので、
鏡餅を開くことで年神様をお送りし、お正月に一区切りつけるのです。

さらに、年神様の力が宿った鏡餅をいただくことで
その力を授けてもらい、1年の一家一族の無病息災を願います。
供えて、開いて、食べてこそ鏡餅の意味があるんですね。

ですから、鏡餅を開くことも、(雑煮やぜんざいにして)
食べることまでが一連の行事になります。


へ~、なるほど~。

こちらの記事も参考にどうぞ。
http://allabout.co.jp/aa/special/sp_newyear/contents/10050/220640/
http://const.livedoor.biz/archives/51555318.html


そういえばわが家は鏡開きしたお餅を食べずに
冷蔵庫に入れてあるお餅を食べてたり・・・
それじゃあ、意味がないんですね~。 





Theme : 日々のできごと * Genre : ライフ * Category : 日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する